ART WALK TOUR

歴史VRと世界遺産体験ツアー

3.清水観音堂
3.清水観音堂
音声で説明を聞く
清水観音堂は、京都東山の清水寺を模した舞台造りのお堂で国の重要文化財に指定されています。寛永8年(1631)天海僧正により建立されました。平安時代の高僧・恵心僧都作の千手観音像をご本尊として清水寺から迎え、秘仏として祀っています。お堂正面の舞台からは江戸時代の浮世絵師・歌川広重が『名所江戸百景』で描いた「月の松」を見ることができ、そこから覗く不忍池の景色は絶景です。人形供養と子授け・安産・子育にご利益のあることでも有名です。